【MF2】モンスターファーム2を今更、縛りプレイ ♯1

1999年発売のプレイステーション発売のゲーム

モンスターファーム2」

f:id:hazamaS:20190430220318j:plain

当時は、CDの曲の長さからモンスターを決める「円盤再生」が画期的で一世を風靡したゲームです。

育成⇒大会

というシンプルな構図にも関わらず、新モンスター解放の多さやイベントの多さに遊び終えるまでには相当な時間がかかりました。

 

そんなゲームを私を今私は縛りプレイしております。

f:id:hazamaS:20190430220552p:plain

ゲームを始めた1匹目のキャラクターを回避だけ鍛えれば全クリ可能かどうか!?

ということです。

現在、Bランク公式戦に挑んでる途中でこの記事を書いておりますが、経緯をこれから記事としてまとめていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

1、縛りルール確認

禁止事項:合成、再生、アルバイト、修行、回避以外のトレーニン

もちろん、探検やバナナ育成をする余裕はありません。

5000Gしかありませんし、1匹目なので稼いでいると寿命が尽きますので公式戦しか出れないでしょう。

 

2、モンスター選定

再生が禁止のこのルールでは、マーケットでも購入しかありません。4月では、スエゾーロードランナーモッチーです。

ガッツ回復、技性能もありますが、一番は可愛さ。正直スエゾーにグミを食べさせるのが楽なんですが、回避適性がモッチーが唯一C適正あるというのが理由です。

あとは、善悪度ですね。

モッチーです。

f:id:hazamaS:20190430221910p:plain

 

1時間ほど厳選をして、ビタミンもどき&ゼリーもどき好きを厳選し無事育成スタートします。

3、大成功育成(ゆるい.Ver)

f:id:hazamaS:20190430222202p:plain

大成功するまで、セーブ&ロードをした結果成長期前半でほぼ回避育成が終了しました。

ただ、粘っても大成功しない日が不思議とあるので、45分続く場合はステータスの伸びが良い時に妥協して進めました。

この作業を仕事しながら1週間やりました。

(頭おかしくなるかと思った。)

4、命名

上の画像で気になった人もいるかもしれませんが、こんにちという命名ですが理由があります。

それは、コルトちゃんです。

週の始まりの元気だね!少し疲れてるみたい。というコルトの挨拶なんですが、

f:id:hazamaS:20190430222826p:plain

こうなります。←

なんか元気っ子みたいになりますね。

「こんにちは!(コルト)すっごく元気だよ!!」

これ、なんか可愛くないですか??

命名理由は単純にそれだけです。

 

5、大会

そして、Bランク公式戦に現在挑戦しております。

1敗で終わりそうな時もありましたが、無敗縛りなのでリセットしながら挑戦中です。

Youtubeに実況動画を上げておりますので、実際にプレイ動画を見てもらえるとわかりやすいです。

【ここにリンクを貼ります】

ただ、説明するなれば、地獄。

 

f:id:hazamaS:20190430223303p:plain

f:id:hazamaS:20190430223313p:plain

f:id:hazamaS:20190430223325p:plain

 

f:id:hazamaS:20190430223306p:plain

確立ってなんだ。

気になったので、本当に確率計算をしてみました。

 

この10%が7体との試合で当たらない確率ってかなりなものなんですね、実は。

1試合、5発撃たれたとしても当たる確率は40.95%あります。

もし、この10%を5回食らう試合を続けた場合

7回の試合で一度以上攻撃が当たる確率を計算してみました。

97.497%です。

大会に入場した時に無敗で優勝できる確率は

2.503%で

出現率が99%を指標に計算すると、必要な試行回数は223回です。

 

…我ながら何をしているのでしょうか。

 

次回は、Bランク公式戦に勝利をしたら記事を更新したいと思います。

以上!懐かしのゲームと確率の話!硲翔太郎でした!

 

TwitterYoutubeのチェックもよろしくお願いします!

https://twitter.com/hazmasyo

【高時給】人手不足が嘘だった証明ができてしまった【結局金】

気になるニュースを紹介したい。ニュースにハザマです。

 

 

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは14日、募集していた物流倉庫のアルバイトの募集を15日正午に停止することを明らかにした。13日午前、新たに2000人を採用し時給を最大3割増となる1300円に引き上げることを表明していた。2日足らずで募集人数を超えたという。

 

同社は自社ホームページなどでアルバイトを募集していた。14日夜に前沢友作社長が自身のツイッターで「大変急ではありますが応募受付を明日の正午までとさせていただきます」と投稿した。応募者は全員面接し選考するという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44806020U9A510C1TJC000/

 

人手不足ではない、低賃金雇える人間の不足だ

中小企業や激務な大企業の人手不足が進行…していなかった。ということである。

激務で高収入という条件では今時の若人は入社を決めない。キャリア形成に愛社精神ややりがいは不必要で、単に労働量に対してできるだけ多くのお金が欲しいだけである。私の場合は、その中でパラレルワークであったり、仕事の中でスキルを磨いていくのが今の時代に合った仕事の仕方であると感じる。

例え、ブラックでなくとも低賃金のまま働かされる会社に入りたくなど無い訳だ。

今回、2000人という大人数を2日で超えた募集は時給1300円という高収入な条件だ。そこには愛社精神ややりがいなどという概念はなく、単純に作業に対しての対価のバランスが良いと感じた人が多いという結果であると感じる。

 

賃金が上がらず、パラレルワークにシフトする経団連の流れの中、しっかりと1本の会社に集中してもらうために、高賃金を支払うことができれば。自ずと副業は減り、会社への貢献度が増すと私は思う。

会社への貢献⇒賃金

という構図を辞めて

賃金、労働環境⇒会社愛

という会社が良い条件や労働環境を作り、社員やアルバイトを雇用することで待遇の良い会社を好きになる。

順番が従来とは逆になった会社への勤め方というのもアリなのではないかと考える。

 

気になるニュースだったので、取り上げました。

 

引き続き副業を頑張るそして、いつか会社を辞めたい硲でした!